住宅購入をきっかけに、インテリアのことを考えるようになりました。色使いを大事にしています。

住宅は中身が決め手☆
PAGE LIST住宅は中身が決め手☆
住宅は中身が決め手☆

住宅のインテリアを考えるのが好きです。

私は、8年前に今の家を新築で購入しました。それまでは、古い主人の会社の社宅に住んでいました。そのアパートが古いこともあって、インテリアについては、特別こだわりはありませんでした。しかし、その社宅の老朽化により建て替えが決まり、そのタイミングで新築の住宅の購入を決めました。新築の我家が出来上がり、私は好きなインテリアで飾りたいという願望が生まれました。自分の好みのインテリアは、カントリー雑貨で囲まれた、温かみのあるインテリアでした。家の外壁が、ガルバニウム鋼板で出来たスタイリッシュな家でしたが、家の中に入ると温かみのある、そんな家にしたかったのでした。
よくインテリアで大事にしなければいけないことに、色、の使い方があります。色は3色までがいいと言い、基本の2色に、挿し色に1色でした。うちは基本の色が、壁紙の白と、木の色の茶色で。挿し色は、季節により春夏は爽やかな青系、秋冬は、暖色系の黄色やピンクを使うことにしました。こうして色を決めると、おのずと家具なども買いやすく、インテリアも落ち着いたものになりました。今でも、雑貨を買い足すときはこの基本を守って、買うようにしています。年々、物は増えていくのですが、あまりごちゃごちゃとしたイメージはありません。家は、家族が落ち着く場所です。インテリアを少し換えるだけでも、家の中はまた違う雰囲気になります。私は、色使いでインテリアを考えています。とっても簡単なので、ぜひ試してみて欲しいです。

おすすめ情報